Event is FINISHED

【大家の学校関西2期】閉校式・クロージングアクト

Description
「大家の学校 関西」2期の閉校式を開催します!
受講生以外の方もご参加いただけるので、ぜひお気軽にお越しください。

閉校式は、校長青木純のクロージングアクト!
大家として空室率25%の賃貸住宅を住人に愛され、住人同士の関係が生まれる"家"に育てた青木純。
育つ賃貸住宅「青豆ハウス」や、暮らしの舞台であるまちをより面白くするため、飲食店や公共空間の運営にも携わります。
公園やストリートという、どのまちにもある空間で市民が居心地よく集い、佇む風景を日常にするため、当事者を増やしながらエリアのマネジメントを行っています。
当日は「まちづくりはまちの日常づくり」をテーマに、暮らす人たちが、まちに愛着を持つきっかけをつくっている事例をお話しします。



そして、大家の学校で実際に学んで来た受講生によるプレゼンも行います!
自身の物件や活動を学校で学んだことから、今後の歩みをお話しいただきます。
暮らしにかかわる等身大な受講生達の活動からも、ぜひヒントを得てください!

【時間】
19:30-21:45(19:00 受付開始)
※21:00-21:45は懇親会

【場所】
Green Cafe 川の駅 はちけんや店
(大阪府大阪市中央区北浜東1-2 川の駅 はちけんや店B1)

【定員】
30名程度(定員になり次第申し込みを締め切らせていただきます)

【参加費】
3,000円(税込)
(受講生は受講料に込み、参加必須)
※懇親会への参加は別途現地で2,500円いただきます。

【大家の学校について】
「大家の学校」は、大家を一つの職能として、暮らしをつくることを学ぶ学校です。

家を愛する人は、まちを愛する。まちに開くことで賃貸住宅の建物そのものもまちの経済循環をつくりだす投資先のひとつとなり、まちに魅力的なコンテンツが生まれはじめる。これを地道に連鎖させてつくられたエリアの価値なくして、建物の価値そのものも持続しません。
そこで、賃貸住宅をただの箱ではなく暮らしの舞台に編集し、欲しい暮らしをつくる住人を採用する大家の学びの場をつくることにしました。
校長は、家業を継いで大家になった約5年間で育つ賃貸住宅の文化をつくり上げてきた、株式会社まめくらし代表の青木純。
東京を拠点に実施していた大家の学校が、拠点を増やし関西でも開校。
大家業をされている方だけでなく、欲しい暮らしをつくりたい!という方もヒントが得られるかもしれません。

【連絡先】
株式会社 木の家専門店 谷口工務店 大家の学校関西事務局
oya@taniguchi-koumuten.jp



Wed Feb 19, 2020
7:30 PM - 9:45 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
大阪市中央区北浜東1−2 B1 Japan
Organizer
大家の学校 関西
35 Followers

[PR] Recommended information